CEA高値は免疫力低下のサイン?知っておきたい40代からのガン予防

ヒトの免疫力は15歳から低下を始めることを、あなたはご存知ですか?知らず知らずのうちの免疫力の低下が、あなたのガンリスクを高めています。

健康診断の腫瘍マーカー値CEAでひっかかった!オレはガンなのか?

1年に1度の会社の健康診断。

私は1969年生まれですが、特に持病とかもなく、

普通に健康でしたので「その年」の健康診断も、普通に受診しました。

 

1週間ほどのちに診断結果が送られてきたのですが、

「その年」はいつもの年とは違いました・・・。

こんなコメントが載っていたのです。

 

CEA高値:腫瘍マーカーCEA)が基準値をオーバーしています。

     病院に行き再検査をしてください。(要観察)

 

私の結果はCEAの数値が5.6。

 ↓↓

f:id:factor5o:20160106123137j:plain

基準値である5.0を少しだけ超えただけ・・・。

しかし、少し超えただけだからといって放っておける

シロモノではありませんでした。

 

CEAはガンを疑わせる数値だったのです。

 

私は不安になってすぐに病院に行きました。

次の週に胃カメラ、腸カメラ、CTの検査を実施。

 

検査の際中も、「まだ40代なのにガンだなんて・・・。」と、

不安でいっぱいでした。体のどこかにガンが見つかるのだろうと

思っていました。

 

しかし、検査結果は、白。

 

「ガンがみつからず、数値だけ高い人、結構いるんですよ~。」

と医者が冗談気に言うのですが、こちらは冗談ではありません。

見えにくい所にガンが潜んでいるかもしれないし・・・。

 

結局、日を置いて再度血液検査をすることにしました。

 

家に帰ってすぐ、CEAという数値がいったいどういうものなのか

調べたおしました。

 

初めて知りました。

CEAはガンであるかどうかを判断する数値ではない

ということを。

 

では、どういう数値化というと・・・、

 

・ガンが見つかった患者に対して使うもの

・術後、数値が下がっていればとりあえず手術は成功したものと判断し、

その後の数値の変化を見ることで再発したか否かなどを判断する材料

 

なぜこんな数値が健康診断に導入されているのか、それはわかりませんが、

基準値の5.0を越えたらガン、そうでなければガンではない、

というのは間違いのようです。

 

基準値を上回っていてもガンではない人もいれば、

基準値以下の人でもガンが見つかるケースもあるのだそうです。

 

その後の血液検査で数値もなんとか基準値以内に収まったこともあって、

私はそれ以上病院にも行かなくなりました。

 

今も健康に生活しています。ガンではなかったのです。

 

でも・・・、CEAが理由もなく高値になるはず、ないよな・・・。

不安が少しだけ残っていました。

 

★関連記事★

cea-menneki.hatenadiary.com